イメージが低下する女性の顔のうぶ毛やヒゲ

 

 

体毛は男性ホルモンの影響を強く受けるため男性ほど濃くて太くはならないとしても、人体の特性上女性であっても顔の表皮にはうぶ毛が生えますし、比較的体毛が濃い方の場合ではヒゲが目立つ場合もあります。人体の特性上自然な事であったとしても、一切処理をしない男性とは正反対に女性は常に行き届いた処理が行われており、いつ見てもヒゲはもちろんうぶ毛すら見受けられないというイメージが強く持たれているため、うぶ毛が確認できるだけでイメージが低下してしまうものです。

 

 

 

 

 

そのため、口周りにヒゲが見られる場合ではより一層マイナスなイメージが持たれてしまうので、お顔のムダ毛処理は入念に行わなければなりません。しかし、常にうぶ毛すら無い状態にしておくべきであるという事は重々承知しているのにも関わらずヒゲが見られる女性が存在するのは、処理が手間に感じられてしまい疎かになっている事例の他に、処理をする度に顔の表皮多大なるダメージを与えてしまい、できるだけ処理をしたくないという理由を持っているためです。

 

 

 

 

 

処理をしなければヒゲは濃くなっていく一方ですし、うぶ毛によりメイクも崩れやすくなってしまうため、やはり処理を常に行う必要性がある事には間違いありません。
そこで、うぶ毛とヒゲを処理する時には入浴後もしくは洗顔を終えた肌が温まっている状態で行うようにし、尚且つカミソリを滑らせる前に化粧水を塗布してから行うと、顔の表面にダメージを与えずに処理できます。